ウィズコロナ時代の超大型の新補助金制度!予算1兆円超1社あたり最大億円ウィズコロナ時代の超大型の新補助金制度!予算1兆円超1社あたり最大億円
事業再構築補助金申請サポート
事業再構築補助金申請サポート事業再構築補助金申請サポート
オンライン打合せで全国対応

補助金申請のための、
事業計画書作成をお手伝い

予算1兆円超、補助金額1社あたり最大1億円の事業再構築補助金。
この制度を活用して、思い切った事業転換を実施する事業者様をサポートします。

新型コロナの影響を受けて、大きく事業転換されたい事業者様へ新型コロナの影響を受けて、大きく事業転換されたい事業者様へオンライン打合せで全国対応

新型コロナの影響を受けて、
大きく事業転換されたい事業者様へ

□ 補助金を申請したいがよく分からない
□ 必要な書類が上手くまとめられない
□ どうすれば審査に通るのか分からない
□ 申請にあてることができる人材がいない
□ 補助金申請について詳しく調べる時間がない

ホジョストホジョストにお任せください

ホジョストは、補助金申請のための事業計画書作成をサポートするための専門組織です。
コロナ禍で大変な思いをされている事業者様が確実に採択されるべく、最大限の努力をもって申請のお手伝いをさせていただきます。

  • コミット01

    プロの視点から
    質の高い事業計画書を作成し、
    採択可能性を最大限に
    アップさせます。

  • コミット02

    採択された折に、
    真に役立つ事業計画
    立案します。

事業再構築補助金
とは

ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い切った事業再構築を支援するために経済産業省が実施する補助金施策です。1兆1,485億円もの大規模予算をもとに行われ、条件によっては最大1億円の返済不要の補助金が獲得できます。

概要情報

目的
新分野への展開や業態転換、事業再編を目的とした建物の建設、内装工事や設備投資
補助対象経費
建物費:建物の建築・改修、建物の撤去、賃貸物件等の原状回復
機械装置・システム構築費:設備、専用ソフトの購入やリース等
技術導入費:知的財産権等の導入に要する経費
外注費:加工や設計、デザイン、検査等の請負、委託等
広告宣伝・販売促進費:広告作成、媒体掲載、展示会出展等
研修費:教育訓練費、講座受講等

申請で重要な2つのポイント

  • 01審査項目にそった事業計画書01審査項目にそった事業計画書

    01審査項目にそった事業計画書

    自分の思いを書き連ねるだけでは採択される申請書にはなりません。記述を求められている内容について、審査員に分かりやすくまた伝わりやすく書いていくことが必要です。審査項目とされている事項については特にしっかりと丁寧な記述をすることが、採択されるためには必須です。

  • 02真に必要な事業計画書02真に必要な事業計画書

    02真に必要な事業計画書

    補助金獲得のみが目的となり、あるべき事業ビジョンを外れた事業計画書を作成される事業者様や申請代行業者がいます。そもそも補助金とは、事業者の新たな取り組みへのリスクを軽減するために資金面でのバックアップを行うものです。補助金獲得が目的化され、必要のないことを行ってしまったり、あるべきビジョンをゆがめてしまうような事業計画を作成してしまうのはデメリットでしかありません。

社内のみで完結させるのは、
非常に難しいのが実情

事業計画書の作成には50〜100時間ほどの時間がかかる上に、つまづきがちなポイントもいくつかあります。申請サポートをご依頼いただくことで、計画書の作成がつまづき進まないリスクを回避でき、事業者様の時間的・労力的なご負担も非常に軽減されます。

高い専門性を持った精鋭チームが対応

高い専門性を持った
精鋭チームが対応

経験豊富な補助金申請プランナーや中小企業診断士、MBAホルダーによる精鋭チームです。チーム力を活かして、採択可能性を最大限にアップさせた、高い精度の申請資料を作成します。
事業者様とその事業に真摯に向き合い、我が事として懸命に取り組ませていただきます。

ホジョストの計画書は、
なぜ採択されるのか?

01審査員にわかりやすい01審査員にわかりやすい

01審査員にわかりやすい

事業再構築補助金では非常に多くの事業者が応募することが見込まれている一方、それを審査する審査員の数は限られています。したがって、審査員は必ずしもその分野に詳しい方に当たるとは限りません。つまり、専門外の審査員が読んでも分かりやすい計画書を作成することが求められます。

02審査項目を外さない02審査項目を外さない

02審査項目を外さない

補助金の審査では審査項目が決められており、審査員はその項目にそって計画書を点数化していきます。つまり、各審査項目の合計点が高い順に採択されるという仕組みになっています。したがって、公募要領で示されている審査項目についてきちんと記述しなくては、その項目について評点がつかず全体の点数が低くなってしまいます。ホジョストでは審査項目について漏らさず適切な記述を行うことにより、審査のポイントに適った採択されやすい計画書を作成しています。

明快な料金プラン

着手金+成功報酬の明快な料金体系です。
もしも採択されなかった場合のアフターサポートも対応。安心してご依頼いただけます。

サービス内容

  • 必要書類の準備必要書類の準備

    必要書類の準備

  • 申請書作成申請書作成

    申請書作成

  • 交付申請交付申請

    交付申請

  • 事後手続き事後手続き

    事後手続き

  • ブラッシュアップブラッシュアップ

    ブラッシュアップ※必要に応じて

着手金11万円(税込)+成功報酬獲得補助金額の10%(+税)着手金11万円(税込)+成功報酬獲得補助金額の10%(+税)
arrowarrow

採択されなかった場合…

追加費用なしで次の公募に向けて
事業計画のブラッシュアップを行います。

よくあるご質問

  • Q.事業者の財務内容は採択されるか否かに関係ありますか?

    A.現時点ではわかりません。「ものづくり補助金」などでは、確実に事業実施がなされるという観点から、例えば連続での赤字や債務超過などの財務状況の悪い事業者が採択されにくくなっているのが実情です。
    しかし、事業再構築補助金は「ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い切った事業再構築を支援」することを目的とした補助金です。したがって、事業者のある程度の業績悪化を見込んだものではないかとは考えられています。

  • Q.正直なところ、依頼を丸投げしたいけど大丈夫?

    A.丸投げはできません。事業者様とホジョストの二人三脚で取り組みます。作成する事業計画書は、補助事業に採択された後に実施すべき事業再構築の設計図です。事業者様としっかりと打ち合わせや検討をおこない事業計画書を作成いたします。